宝石研究科セミナーGEM-R

宝石の知識を深めることで、物の価値を見極める力を身につけることができます。
宝石を学んでいきましょう。
セミナーの目的
目的

これから宝石に携わる仕事をしていく方、新しく宝石の仕事をしたい方。
または、趣味として宝石が好きでもっと知識を高めたいと考えている方。
そんな方のために、短期間で知識と技術、販売をする際に自身を持って話せるような宝石の鑑別知識やプロの仕事の基礎となるスキルを学ぶことができるセミナーを行っています。

宝石の鑑別方法を学ぶことで一般の方よりも見る目を養うことができ、プロの視点から宝石を見ることができるようになります。
今まで宝飾の販売員をしていた方の知識のブラッシュアップや、古物を扱う方の知識・販路拡大のご相談など、個別のご相談を受けながら内容を受講者の方用にカスタマイズして行うことも可能です。

こんな方におすすめしております
おすすめの方
日本政策金融公庫
カリキュラム概要
カリキュラム
使用する鑑別機材の一部紹介
顕微鏡
偏光器
屈折計
認定証

セミナーを受け、最後に試験に合格された方は、当協会より『宝石研究科セミナーGEM-R認定書(鑑別技術修了士)』の授与をさせていただきます。
合格後は、貴方の業務で使用している名刺に記載したり、紹介文として記載するなどにご使用いただけます。

日本には鑑別士の資格という国家資格はありません。そのため当資格を持っていることで公的機関で有利になることはありませんが、セミナーで学び試験をパスしたことで一定の基礎知識と技術を身につけて頂いているため、当協会認定の鑑別技術修了士として、自信を持って宝石と接することができると考えております。

短期間で学ぶセミナーカリキュラムとなりますので知識・技術として基礎をメインとした内容となりますが、合格後も各自さらなる研究・技術の修練を行い、さらなる躍進をしていただければ幸いです。

セミナーの詳細
フロー
全6日間(講座5日+テスト1日)

■受講回数・時間
全6日。1日約3時間。
ご希望により時間帯、短期(6日を5、4日に短縮)仕事帰り等、相談、調整致します。
平日の夜間(18:30〜22:00くらいの間) も実施致しておりますのでご検討下さい。有意義な時間を過ごせます様努力させて頂きます。

■受講スケジュール
生徒さんの都合に合わせて、予約制にて日取りを設定します。平日及びご相談の上では土日祝も可能です。
願書出願前、願書出願手続時に、日程のご希望をご相談、調整致します。
ご希望により時間帯、短期、仕事帰り等、相談、調整致します。

■試験
筆記試験、実技試験。
試験は不合格でも同日なら2度まで受けることができます。
2回目の試験に合格できなかった場合、後日再試験を受けることができます。

■資格
認定修了証書(宝石鑑定士・GEM-R)
セミナー修了後、試験合格時に認定修了証書が授与されます。

■セミナー時に、ご購入をお勧めする器具
強制的に購入する器材はございません。セミナー中必要な用具は当協会から貸出を致しますが、ピンセット、ルーペ、ペンライト等はご購入をお勧め致します。今後、必ず使います。他に高価な宝石鑑別器材等ございますので、セミナー中に使用してからご検討くださいませ。
ご希望があれば、ご来社時にサンプルやカタログをお見せ致します。

※宝石研究科セミナー・GEM−Rの合格者は希望により、宝石販売の実務研修制度がご利用頂けます。
  (カリキュラム・料金等、ご相談ください。)

セミナーのお申込みについて

■宝石研究科セミナー・GEM−R・出願資格
16歳以上の男女。
授業を受講するのに支障のない者。(まじめに受講する者)

■出願書類
1.受講願書(当協会指定のもの)
2.写真3枚(3cm×4cm、正面上半身無帽のもの)

■出願手続
受講願書を郵送にて受付。
当協会へ受講願書をご持参の場合は、予めメール・お電話にてご連絡下さい。
受講願書確認後、ご相談や受講スケジュール等について、ご連絡致します。
一旦提出された出願書類は返却致しません。

■登録料及び学費
・宝石研究科セミナー(全6回)
登録料 \32,400
学費  \156,600 教材費・試験料・認定修了証書を含む
合計  \189,000(税込み)

・補正セミナー(1回につき)・再試験(2回)
学費  \10,800

■納入方法
当協会本社までご持参、又は銀行振込にて受付けます。

トップに戻る
ご不明点・ご相談、受講をお考えの方はこちら
メールでお問い合わせ
メーラーが立ち上がります
電話番号:03-3270-1767